パパ活

女には二種類あってさ。「男に夢を見させる女」と「男に現実を見せる女」の二種類。 で、うちの奥さんはまさしく後者で、「男に現実を見せる女」ってわけ。 確かに現実を直視することは大切だよ。自分の欠点とか悪いところと真摯に向き合う姿勢も大事だよね。 だけど、それだけじゃ人生息詰まる。 で、夢を見させる女という存在が女神に見えてくるわけだよ。 パパ活してたその彼女はまさしく「夢を見せる女」のカテゴリーに入る女だったよね。 もともとは女の子がパパ活をするなんて、あんまり聞こえのいい話じゃないし、そういうパパ活女子を相手にする男もろくなもんじゃないと思ってたんだよね。 パトロンが欲しい場合でもNG行為がある だけど、その子と知り合ってから、なんていうのかな、自分が偉くなったような、自分が一角の人物になった気がして。 女は男の鏡だって言うじゃない?あれ実感したよね。 やっぱり同じ鏡でも、自分が少しでもカッコよく見える鏡を見たいじゃん。それが現実とは程遠い姿であったとしても。 わざわざ家に帰って、自分がどうしようもない、だらしない人間だと映し出す鏡なんか覗きこみたくないわけ。 だから、一時期、そのパパ活女子に夢中になってしまって、今思うと、熱にうかされたような生活してたよね。 寝ても覚めてもそのパパ活女子のことしか頭にないの・笑 自分が正義のヒーローで、彼女を守るために生まれてきた、なんて役周りを演じさせられていたんだよね。 それも「男に夢を見させる女」の常套手段ってことなんだけど。 時々はそういう熱病もいいけど、それだけじゃ生きていけない現実でもあるんだよね。 パパ活 お金が欲しい
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




パパ活トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms