電マ

「彼氏がいて何が楽しいの。」「えっ、一緒にいるだけで楽しいよ。」「凄いね。私は前彼の影響かな、しばらく彼氏いらないと思っているし、一緒にいても窮屈な感じがして今のフリーが1番いいかも。」「舞は美人だから彼氏作ろうと思ったらすぐ出来ると思うし、私なんかようやく出来た彼氏だから今を1番大事にしようと思っているよ。」「そんな彼女と付き合える彼氏は幸せ者だね。」友人の恋愛話を聞くのが好きな私。羨ましいという気持ちはないけれど、純な気持ちでいる友人がすごく可愛いと思ってしまいます。彼氏と別れてから半年が経ち友人の恋愛話を聞いても未だ彼氏が欲しいと思えない私。私的には彼氏が性欲の解消くらいしか考えられないようになったの元彼の影響でした。束縛が強く女友 クリ 拷問 達と遊ぶ時も一々報告しないといけないそれが窮屈で別れましたが体の相性だけがよくそれだけが凄く残念に思っていました。だから、今の私は電マを使い1人でオナする事で欲求を解消しています。 そんなある日の事です。元彼が突然家に訪れました。「もう一度やり直さないか、もう束縛もそこまでしないから頼む。」彼の姿に一度だけ信じようと私は彼とよりを戻す事にしました。そして家にある電マに気づいた彼は私が1人でやっている事にすぐ気づきました。「電マもいいけど、俺とまたやらないか。」そう言って彼と久しぶりのHを楽しみました。やはり体の相性がよく私は何回もイッてしまいました。「束縛もほどほどにね。次のチャンスはないからね。」「はい。」 サティスファイヤ クリトリスローター
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




電マトップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms