お金くれる人

私には、私にお金くれる人がいます。それは、私の叔父さん。叔父さんが何故私にお金くれる人になったかというと、叔父さんの秘密を私が知ってしまったからです。叔父さんは、私の父親の仕事仲間でした。よく、父親と家に来て一緒にお酒を飲んだりしていました。そんな叔父さんの秘密を知ってしまったのは内容は私の母と不倫でした。 その日は父親は出張で、私も部活の合宿で泊まりになる予定でしたが急遽、大雨で中止になり私は帰宅することになりました。そして、家に着くと父親以外の靴を発見し、明かりがついている部屋を覗くと母と叔父さんが、不倫をしている最中でした。私は急いで2階に上がりました。そして、冷静に考えました。 お金くれる人を募集して月20万円の愛人契約を結んだシンママです 数日後、叔父さんを呼び出して言いました。「母さんと、不倫してたんだ叔父さん。」「えっ。」「隠さなくていいよ、全部知ってるから。別に父さんと母さん会うといつも喧嘩してたけど、最近喧嘩しなくなった理由がこれだったんだね。」「お父さんには黙ってくれないか。」「いいよ、叔父さん。でも、その代わり私にお金くれる人になって。叔父さん、会社の社長でしょ。もちろん大金をおねだりするわけじゃないから安心して。私もそこまでお金には困ってないから。ただ、お金をくれることによって秘密を守るって思ってくれればいいよ。」叔父さんは条件にのってくれました。こうして、叔父さんは私にお金くれる人になりました。 パパ活
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




お金くれる人トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms