同棲

俺と彼女が同棲して初めての夜は、二人でカップラーメンを食べたのをよく覚えてる。 その後、交わしたキスが、カップラーメンの味がしたのもよく覚えてる。 彼女、その当時まだ20歳で、俺は大学行ってて、二人ともそんなにお金もないし、同棲なんてできる身分じゃなかったんだけど、ほっとけなくて。 彼女、両親とうまくやっていけなくて、フリーターしてたんだけど、一人暮らしできるほど稼げなくて、で、とうとうデリヘルしようかって思ってたらしいんだ。 そんな時に俺と知り合って、なんか、ほっとけないっていうか、同情しちゃって、「うちくる?」って、猫を拾う感覚で、連れてきちゃった。 その頃は、付き合うとかそういうことじゃなくて、落ち着くまで俺の部屋にいてもらっていいかなーって思ってたんだけど、向こうは、家に居候させてもらうんだから、ちゃんとご奉仕しなきゃみたいに思ってたみたい。 神待ち【女の子を部屋に泊めてエッチしている大学生です】 一応、昼は彼女もバイトして、生活費入れてたし、俺も学校終わってからバイトしてたし仕送りもしてもらってたし、金銭的には困らなかったよね。 まぁ、俺たちの場合、同棲って言っても、そういう男女関係ありきの関係じゃなくて、上下関係のはっきりしたところがあったから、問題はまったくなくて、俺も洗濯とかしてもらって助かるっていう感じだったしね。 帰って洗濯ものがちゃんとたたんであるのを見てさ、「うわー、すげえ助かる。ありがとな」って頭なでたら、彼女泣いちゃってさ。 それで、あーこの子寂しい生活ずっとしてたんだろうなって気付いて、余計に可哀想になって、なんとなくそういう関係になってしまって、とうとう同棲して8年で結婚することになった。 パパ活 パパ募集
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




同棲トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms