裏垢女子

「アユミのような人になりたい。おしゃれには気を使うし、スタイルもいいし、美人だし、性格もいいし。アユミは一人暮らしでしょう。きっと部屋も綺麗なんだろうな。」何故か分からないけれど私は友達から憧れの存在になっています。でも現実は違います。オシャレに気を使うと思われていますが、それは私が服を買うのが面倒だから服を買うときはマネキンが着ている物をそのまま買って着ているためオシャレに見えるだけだと思っています。スタイルが良いのはただ単に自炊が出来ないため、いつも簡単な食事しか作らないか、食べないせいか体重があまり増えないんだと思います。性格も良いとは思いません。何故ならネットでの私は裏垢女子ということもあって愚痴ばかりこぼしています。裏垢女子は私にとってストレス発散場がなので性格が良いとは私は思いません。 JKと援助交際 ある日、飲食店でアルバイトをしている時の事でした。同じ歳位の男性から変なことを言ってきました。「君、性格悪いでしょ。」「想像にお任せします。ご注文がなければまた改めてお伺いします。」初対面の人に何故そんなことを言われないといけないのか気分が悪かったです。早速、裏垢女子の私はその愚痴をこぼしました。また数日後そのお客さんがやってきました。「この前はごめんね。嫌な思いをしちゃったよね。でも、君みたいな二面性のある人好きなんだよな俺。」謝罪したと思ったら今度はナンパかよと思った私は彼の前で本音が出そうになりましたが我慢をし店員として振る舞いました。しかし、また彼がやってきて私を口説くのでついに本音をこぼしてしまいました。すると彼はそんな私が気に入ったのか来店するたびに口説くようになりました。 ホ別苺 援デリとは
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




裏垢女子トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms