性生活

性生活のマンネリ化を避けようと、ある日主人がいきなり大人の玩具を買ってきました。ひとつは小さな ピンクローターで、もうひとつは立派なバイブでした。私たち夫婦は結婚して8年目で、子供は小学生と 幼稚園の娘が2人います。結婚後すぐに妊娠し、その後は出産や子育て、数回の引越しやパートなどに追われ 気付いたら主人との性生活が失われつつありました。主人はもともとセックスの頻度は一般的で、週に1回 できればいいよと言っていましたが、気付けば月に1回もしていないような状況に。私の方も特に不満を 感じていたわけではなかったのですが、友人夫婦の性生活の話などを聞くと、うちは少ないなぁと心配に 素人童貞卒業 なり始めました。主人も特に不満げにはしていませんでしたが、大人の玩具を買って帰ってきたところを見ると やはり少し寂しい思いをさせていたのかもしれない、と申し訳ない気持ちになりました。 主人も私ももちろん玩具を使ってのエッチは初めてで、その晩は子供たちがしっかり寝たのを確認してから 久しぶりにセックスすることになりました。これまではお互いに単調なセックスばかりだったので、自分では 気にしていなかったつもりでも欲求不満だったのでしょう。その玩具の快感に私は打ちひしがれ、主人も いつもよりたくましく燃えてくれました。これから長い夫婦生活の中で、こういった時間もやはり大切なのだと 主人の気持ちに教えられました。玩具を買うなど勇気の要ることだったと思います。今後も主人との性生活が もっと充実したものになるよう、私も応えていこうと思っています。 スマとも
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




性生活トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms