パトロン

親にも見捨てられ、学校も中退し、出会い系サイトを利用して知り合った男の家に転がり込んでの生活が何年も続きました。でも、それは1人のパパによって救われました。その人と出会ったのは夜の新宿。 「君はいつもここにいるね。」「おっさん誰。」「新井裕太。もし良ければそのおっさんと一緒に来ないか。」「すけべな事を考えてるの。お金くれるならいいよ。」「すけべな事はしないよ。でも、行って損はないと思うよ。」私はその人の後についていくと、あるマンションに案内されました。 パトロン 作り方 「家がないならここを利用するといい。服とかは着替えは明日買いに行こう。」「えっ、なんで私にそんな事するの。」「一目惚れかな。」「うける。」「君のパトロンになってあげるから、生活してみて。」「パトロンか、分かった。」 私はその人の言葉に甘えることにしました。次の日。私は彼と買い物に出かけました。たくさんの服に、髪も美容院で切ってもらい大変身させてもらいました。「綺麗だ。」彼の言葉に私は嬉しかった。それから半年後、私は彼のことをパパと呼ぶようになりました。「パパ今日誕生日でしょう。」「よく覚えてたね。」「日頃のお礼に。」私は服を脱ぎ下着姿になりました。「抱かせてあげる。」「お、おい。」「ごめん。私がパパを抱きたい。」私はパパに舌を入れたキスをしました。それにパパはすぐ反応しました。パパのことはまだ知らないことばかりだけど、私はパパに救われました。だから少しでもお返しがしたい。そんな気持ちでパパを何度もイカせてあげました。 お金が欲しい パトロンの探し方
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




パトロントップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms