カオマンガイ

海南鶏飯(かいなんけいはん)(英語 Hainanese chicken rice)は、茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けたマレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。海南風チキンライスなどと訳されている。現地では、専門店や屋台で食べることができる庶民的な定食のひとつで、香港の茶餐廳やマレーシア料理店などでも一般的である。 ニワトリを下ごしらえし、丸ごと茹でてとったスープで炊いたご飯に、蒸した、または、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。 海南島文昌の「文昌鶏」(ウェンチャンジー)という料理が元になり、海南島出身者がタイやマレーシア、シンガポールなどに伝えたといわれている。広東料理で一般的な「白切鶏(広東語: パーッチッカイ、粤拼:baak6 cit3 gai1, 拼音: bái qiē jī )」と基本的に同じだが、文昌の鶏は味が良いといわれている。 海南島の「文昌鶏」または「白切鶏」は、まるごと蒸した鶏の料理で、加熱しすぎてぱさぱさにしないようにするのにテクニックが要る。とり肉は、切り分けて塩と油とおろしショウガを合わせたたれで食べる。しかし、丸ごと1羽か半羽単位で注文せねばならず、ご飯も普通の白ご飯で、別途注文するため、ひとりでは注文しづらい。この問題を解決し、一人でも気軽にたべられるようにし、ご飯もチキンスープで炊くなどの改良をしたのが海南鶏飯である。また、チリソースを付けながら食べることもあるが、これももとの海南島の料理からは変わっている。店によってはローストチキンを添える場合もあるが、本来の姿ではない。 マレーシア、シンガポールではショッピングセンターのフードコートなどでは必ず見られるため、マレーシア名物あるいはシンガポール名物という紹介のされ方をすることも少なくない。タイでもカオマンガイの名で広く食べられている。タイやマレーシアでは宗教上の理由で牛肉や豚肉を禁忌とする人が多いのも鶏肉料理が好まれる一因である。
海南鶏飯(かいなんけいはん)(英語 Hainanese chicken rice)
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:



タイではカオマンガイ(タイ語: ข้าวมันไก่, Khao Man Kai)として知られている。 いずれも、使用される鶏肉はタイの国名「シャム」がそのまま訳された軍鶏肉が主流であり、また米もタイで生産されたタイ米(ジャスミン米)であることから、素材の生産地から見ると、タイ料理として位置づけられているようである。 タイ国内では街の至る所にこのカオマンガイ専門屋台があり、見た目の素朴さだけでは分からない奥深い料理方法や秘伝のタレを競い合っている。また、日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気がある。日本ではカオマンガイの片仮名表記が一般的だが、現地では「カウマンカイ」と発音するほうが通じやすい。

メル友募集掲示板セフレ無料掲示板も紙一重だ。家出サイトとはちょっと違うが、H希望の処女とも出会うことができるし、逆援助したい女性や、援交サポしてほしい女の子と出会うことができる。セックスフレンドだってもちろんすぐ見つけることが可能だ。ある意味で家出少女掲示板出会い 掲示板よりも優れているかもしれない。

無料掲示板で全国各地でメル友を作ろう!
http://mail.recherchevins.com/

ヒミツの援交少女が集まる掲示板
http://sapo.partner-web.net/



カオマンガイトップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms