ペッティング

ペッティングって何もベッドの中だけじゃないでしょ。 私の中でペッティングっていうのは、触れるのもそうだけど、相手にどれだけ「ドキッ」とさせられるかってことなんだよね。 そういう意味では彼、私のことをドキッとさせっぱなし。 もうベッドで舐めまわされるみたいな快感を得てる。 だって、もう彼、カッコいいんだもん。武士道みたいな硬派な感じなんだけど、ぶっきらぼうでそこがまたぐっとくる。 この間も、ご飯食べててさ、彼が豪快にお蕎麦食べてて。でね。その後、彼、お会計の時に、私に財布投げてよこして「払っといて。俺、車出してくる」って。 私、これだけでキュンとしちゃったんだけど、ヘン? 絶頂 クンニ いくら自分の財布でも女に払わせるなんて!って思う人もいるかもだけど、私は彼が私を信頼してくれて財布を預けてくれたってことに感激しちゃったわけ。 彼にとっては何でもないことかもしれないけど、もう内面からペッティングされまくりで濡れ濡れずぶぬれって感じになってたんだよね。 で、そういう時になると、彼「あー、俺今日帰るわ」って言うの。 「え、なんで、まだいいでしょ」ってひきとめると、めんどくさそうな顔してね。「またな」ってキスしてくれる。 ほてった体のまま放置プレイなんて今までされたことなかったから、もうどうしていいか分かんなかったけど、最近はそういうペッティングのような内面を刺激するような態度と焦らしに夢中なの。 彼が野獣のように大胆に私の体を求めてくれればいいのにっていつも思ってる。いつまでこうやって焦らすのかなぁ。もちろん、それで十分ときめいてるわけだけど。
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




ペッティングトップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms