金づる

小学生の時なんだけど、転校生が来たんだよ。 で、そいつ、今思うと変な奴だったんだけどさ。男でもグループみたいな、ヒエラルキーみたいなのってあるじゃん。 その転校生、ちょっとうちのクラスを観察した後で、そのヒエラルキーの二番手の奴に言ったんだ。 「お金やるから、仲良くしてほしい」って。 俺は、その二番手の奴と仲良かったんで、一緒にお金貰っちゃったんだけどさ。 その時、俺ら「金づる」くらいにしか思ってなかったの。当時、ゲームとか漫画とか、色々欲しいものがあったしね。 いい金づるが向こうから来たんだから、最初は二人して喜んだよ。 だけど、その金が続けば続くほど、イヤな気持ちになってきたの。 お金くれる人 その転校生、付き合ってみたら意外と普通の奴で、お金なんか払わなくたって、ほっとけば友達くらいできたんじゃないの? 美人のかーちゃんいて、遊びに行くとジュースとお菓子くれるし。 頭が悪いわけでもないし、スポーツもそこそこできるし。 顔だちだって、地味だけど、そんなに悪い方じゃなくて、何人かの女子からは気に入られてたみたいだし。 自分から金づるになるなんて、アホみたいなことするような奴じゃなかったんだよね、本当は。 俺らも、だんだんお金貰うのがきつくなってきて、かといって、今までもらった分返せって言われると、使っちゃってるから困るんだけど、どうしようかってすごい気分が重くなってたんだよね。 それで、どうしようって二人で相談して、今あるだけ返そうって話になった時に、その転校生、また別のところに引っ越すことになってさ。 結局、お金返せなかったんだよ。今思い返してももやもやする。 金づるって、その存在自体が奇妙で怖いよな。 愛人が欲しい
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




金づるトップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms