当たる四柱推命|無料。今日、今月、今年の運勢

当たる四柱推命|無料。今日、今月、今年の運勢
生年月日を入力してね!
無料占い←ココをブックマークすると便利ダヨ♪

当たる四柱推命と無料。2010年、今年の運勢、相性、性格、仕事、結婚恋愛運。当たる無料占い。マニアックなバイオリズム診断。
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた


四柱推命占い情報
- 十干(じっかん):甲乙 丙丁 戊己 庚辛 壬癸 - 十二支:子,丑,寅,卯,辰,巳,午,未,申,酉,戌,亥 ※戊(つちのえ)と戌(いぬ)、庚(かのえ)と康、己(つちのと)と巳(み)、間違えやすいようです。
甲(こう)|乙(おつ)|丙(へい)|丁(てい)|戊(ぼ)|己(き)|庚(こう)|辛(しん)|壬(じん)|癸(き)。十干(じゅっかん)と言います。中国から来たもので数字と同じと考えていいでしょう。昔は日本でも成績に甲|乙|丙|丁が使われていました。
甲(きのえ)|乙(きのと)|丙(ひのえ)|丁(ひのと)|戊(つちのえ)|己(つちのと)|庚(かのえ)|辛(かのと)|壬(みずのえ)|癸(みずのと)

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥(いわゆる十二支)と、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(十干といいます)の二つをあわせて「干支(えと)」
U四柱推命占い情報
^05/05 16:50
修正 通報

鑑定診断
鑑定診断は正直、有料で見てもらうのがお勧め。自分も有料で見てもらったけど、全部が当たっていたわけでもないけど良い内容も悪い内容も含め、精度がこの板とは全然違う。とても参考になり役に立った。

* 年の柱
60代・51歳から65歳位まで 
祖父母を意味する
人生の約20パーセント
* 月の柱
40代・31歳から50歳位まで
父母を意味する
人生の約50パーセント
* 日の柱
20代・1歳から30歳位まで
私・夫・妻を意味する
生全般の運気、大まかな特性を表しています。
* 時間の柱
80代・65歳から他界まで
子孫を意味する
人生の30パーセント
自分の十干は宿曜光晴堂で調べられるよ。宿を調べる→日柱の欄に出てくる漢字2文字の左側が自分の十干。これで相手との心の相性を見る。体の相性は漢字2文字の右側(干支)で見る。干支の相性は上の方で誰かさんがサイト紹介してくれてるからそれを見て十干の相性を並べてみると
U鑑定診断
^05/05 16:51
修正 通報

「十干(じっかん)の相性関係」
癸×壬(物事がスムーズに進まない、相性△)
癸×丙(お互い相手にあまり関心が持てない、相性△△)
癸→丁(丁にはわがままを言ってしまう。丁は緊張してしまう。相性×)
癸→甲(癸が甲に尽くす関係。相性◎)
癸←辛(辛が癸に尽くす関係。相性は○)
癸→乙(癸が乙に尽くす関係。相性は○)
癸←庚(庚が癸に惹かれ、癸に尽くす関係。相性は◎)
癸=戌(戌が癸にアプローチする関係。干合◎)
癸×己(力関係は己が上。癸は己の威圧感を感じてしまう。相性×)
乙←壬(壬が乙に心惹かれ、乙に尽くす関係。乙が成長しやすい。相性◎)
乙←甲(甲が乙に尽くす関係。相性○)
乙→丙(乙が丙に尽くす関係。相性◎)
乙×戌(あっさりとした関係で相手にあまり関心が持てない。相性△△)
乙=庚(庚からアプローチされる。性格は違うがしっくりくる関係。干合◎)
乙→辛(辛に尽くすが少々無理をしてしまう。力関係は辛が上。相性×)
乙→丁(乙が丁に協力すればいいパートナー関係になりうる。相性△)
乙→己(乙は己のわがままを言ってしまい、己は乙に威圧感を感じる。相性×)
U「十干(じっかん)の相性関係」
^05/05 16:52
修正 通報

丙→壬
丙→壬(パワフルな丙だが、常に冷静沈着な壬にはかなわない。壬の優しさに惹かれる。相性△)
丙←甲(甲が丙に力を貸そうとする。相性△)
丙=辛(お互いが自然でいられすぐに親しくなる。干合◎)
丙←庚(庚が丙に一方的に尽くしてしまう。相性×)
丙→己(丙が己に力を貸しサポートする。相性◎)
丙×戌(どちらかというと戌→丙になりやすいが力関係はほぼ対等。相性○)
丙×丁(お互いに理解しやすい仲。似た者同士である。相性△)
壬←庚(庚は壬を支える。それが庚には不思議と苦にならない。相性△)
壬←辛(ミステリアスな壬に辛は心惹かれる。辛が壬に尽くす関係。相性◎)
壬=丁(お互いが自然でいられる関係。セクシャルな関係になりやすい。干合◎)
壬×戌(戌がわがままを言ってしまいがちな関係。壬も従ってしまう傾向に。相性×)
壬×己(お互い共通点もなくあっさりとした関係。相性△△)
壬→甲(壬が甲に力を貸す関係。甲が支えられる。相性△)
庚←戌(庚が戌をサポートする関係。相性△)
庚×辛(お互いよく似ている。相性△)
庚←己(己は庚に幸運を引き寄せてくれる相手。相性◎)
庚←甲(甲は庚のことを優先してしまう。クールな関係になる。相性△)
戌→辛(損得抜きで辛に力を貸す。辛は相手から得ることが多い。相性◎)
戌←丁(丁のサポートで戌が成長する。丁は戌に力を貸すことが喜びになる。相性◎)
戌→甲(甲に常に主導権がある。甲といると戌は緊張してしまう。相性△)
甲×辛(全く異質なため付き合いは浅くなる。相性△△)
U丙→壬
^05/05 16:53
修正 通報

通変星について
■通変星について
比肩(ひけん)|劫財(ごうざい)|食神(しょくじん)|傷官 (しょうかん)|偏財(へんざい)|正財(せいざい)|偏官(へんかん)|正官(せいかん)|倒食(とうしょく)|印綬(いんじゅ)|などがあります。
比肩:独立、別れ
劫財:頑固、壊れる
食神:温和、衣食住
傷官:不満、拒否する
偏財:有情、商売上手
正財:嫉妬、留まる
偏官:カン、上手
正官:細心、認める
倒食:病気、口うるさい
印綬:学問、わかる

相手に惹かれるかどうかは自分の占う対象の命式で最も大事な悪い部分を補う意味を持つ用神が相手にあるかどうかも見ないと。相手に自分の用神があって十干の相性も良くさらに支合してたらもう恋人としては申し分ない。

四柱推命では生年月日時を干支に直し、それを基に四柱の命式を求める命式は大きく2つに分かれます。従財格等の「外格」と、外格ではない命=「内格」の2つです。
U通変星について
^05/05 16:55
修正 通報

四柱推命は月と太陽
四柱推命は月と太陽の両方の運行を考慮した太陽暦を使用しますので北半球ではそのまま生地の年月日時で判断して間違いはないと思いますが、南半球は季節が全く逆になりますので、十二支を逆転させて鑑定する必要があると考えます。

鑑定した人とのお話の中から、四柱で見るか、生まれ年で決まる中国の易経をベースに日本で編み出された九星(一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫)で見るかをまず決めるそうです。つまりちゃんとした占い師は、四柱も九星も両方とも勉強しているそうです、それと相学(人相・手相ですね)あたりも勉強して一人前となれるそうですよ。

八字は同じですので暗示に変化はないですよ。四柱推命にはさまざまな流派があり蔵干の出し方などに違いが出てきますが私は天干地支の八字を重視する看方をします。
U四柱推命は月と太陽
^05/05 16:55
修正 通報

マニアック四柱推命
マニアック四柱推命は、あてにならないというよりは時々「ん???」と思う結果が出ることがあるんですよ。それゆえ命式の読み方がよく分からない方が見ると混乱することがあるようですね。
幸福の四柱推命相性占い、あなたの気質、性格、恋愛運、社会運、経済運、健康運、今日 、今月、今年の運勢、年間バイオリズム、相性占いなど解りやすく鑑定してくれます。やる気のバイオリズムは人それぞれ、それがシンクロしないと空回りにもなりますが仮に先天運的にはよくなくても、バイオリズムで補うことが 可能です。

「月支元命」つまり月令(げつれい)は、推命に於ける重要なファクターです。推命とは、四柱の生まれた日の柱に付く干支の「干」の部分の日干と季節の関係を探る占術にほかなりませんから、季節=太陽の高度は、非常に大切だと考えられます。日本のように自然に恵まれ、四季が明瞭に認識できる地域では推命で用いられる暦は有効でしょうが、そうでない地域ではおそらく使い物にならないと思われます。
Uマニアック四柱推命
^05/05 16:56
修正 通報

四柱推命における午の刻
四柱推命における午の刻とは、その日の太陽高度が最も高くなる時間帯のことを示しますから、どこの国であろうとも、それは「お昼」でなければなりません。

晩年や子孫に関係する観方も確かにありますが、それは全体のほんの一部にしか過ぎません。すべてのバランスをみるのが四柱推命です。四柱すべてあわせて人の性質を表すわけで、若いから関係ないという事ではありません。

生まれた年、月、日、時で運命を分析する四柱推命学(運命学)は、太陽、月、地球そして惑星(星座)の状態と位置により互いにどのような影響を与え合い、地球に住んでいるあなたがこれからどういう影響を受けるかを分析し予測することです。これに対して、西洋占いでよく使われる星座占いは、生まれた月と日だけを基準とし12個に分類した星座を基に人々の未来を予測しています。よって西洋の星座占いより太陽と月、地球そして惑星及び生年月日時の全てを分析する東洋の四柱推命が、より進歩的で合理的な学問だと見るべきです。参考として東洋の四柱推命から見る星座運勢と西洋の星座運勢は、内容や占い方法などが違います。
U四柱推命における午の刻
^05/05 16:58
修正 通報

算命学
明代の萬英民による「三命通会」は子平や算命学の原典として有名ですが、そこには古典的な十二支六合の法則がのっており、「子丑は土に合し、寅亥は木に合し、卯戌は火に合し、辰酉は金に合し、巳申は水に合し、午未は太陽・太陰になる」と書いてあります。天王星が発見される前までの西洋占星術での星座の支配星と、十二支の六合は見事に一致します(表を参照のこと)。「三命通会」を編纂した萬英民は「星学大成」という当時の占星術の著作を残しているから、そのころ占星術と子平がお互いに影響しあっていたことは十分に考えられます。

地球の自転軸のズレは26000年周期で元に戻り、約2200年ごとに約30度ずれます。これを歳差現象といいます。現在の星座の位置と占星術の十二宮の位置が約30度ずれているため、占星術は2000年ほど前に成立したと推理することができます。

四柱推命と一口に言っても、日本式のものと中国式のものとはかなり異なる。たとえば、日本式では出生時刻を重要視しないが、中国式では必須条件ととらえる。また、日本式では天中殺を大凶とするが、中国式ではそれがついた「柱」の意味を弱める、というような具合だ。
U算命学
^05/05 17:12
修正 通報

<< < [1/1] > >>

◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス



下ヨシ子ファン占い 島田秀平ファン占い 無料占い|新宿の母 スピリチュアル|江原啓之 細木|数子|六星|占術|早見表 タロット|鏡リュウジ 占い師|銀座の母 無料占い 公式占い 2010占い 恋愛占い 誕生日占い 公式誕生日 当たる占い 相性占い 手相占い タロット占い 夢占い 動物占い 名前占い 生年月日占い 前世占い 星座占い 金運占い 風水占い

当たる四柱推命|無料。今日、今月、今年の運勢トップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms