お金ほしい

「あんたも、お金ほしいんだろ」って、おばあちゃんに言われた時、ショックだったな。 うちのお母さんに聞いたけど、あのころ、すでにおばあちゃん、すこし頭がボケ始めてたみたいで、「たまにびっくりするようなこと言い出したりしてたよ」って聞いた。 だけど、もともと、私とおばあちゃん、すごく仲良かったのよ。学校帰りにおばあちゃんの家に行って、一緒におやつ食べたりしてた。 もちろん、私がお饅頭とか、お団子とか、柔らかいの買って行ってさ。 おばあちゃんも喜んでたのに、ある時から突然、私がこういう風にご機嫌とるのは「お金ほしいからだ」って言われて。 結婚するってなった時に、彼氏をおばあちゃんの家に連れて行って紹介したの。 で、その時に「あー、わかってるよ。お金ほしいんだろ」って、おばあちゃんに言われて、びっくりしたの。 もちろん、彼氏もびっくりしてた。 愛人を募集する おばあちゃんの頭の中には、結婚する、だからお祝いよこせって言われたみたいに変換されちゃったんだろうね。 なんかショックだったな。 帰り道に、彼氏に「ごめんね、うちのおばあちゃん、ああいう人じゃなかったんだけど」って言ったら、彼氏も優しいからさ、「うん」って。 「だけど、今までの人生で、人のお祝い事がさ、出費になっちゃうってことが重なってきたんだろうね」って。 確かに、結婚だ、出産だ、引っ越しとか新築とか、人生においてのお祝い事ってさ、いつもお金いくら包むって話になっちゃうよね。 そういうつもりじゃなくて、純粋に一緒に喜んでほしかっただけなのに、お金ほしいんだって思われたと思うと、急に悲しくなっちゃった。 愛人契約
セ投稿する
蜴ゥ分の掲示板を作る
ソ人気着メロうた




投稿はまだありません。



◎新規投稿
■名前

■タイトル

■コメント

■編集用パス
※後で書込み内容を削除などしたい時に使用します

■投稿用パス

■マジックナンバー:




お金ほしいトップ
w友達に教える
ご利用規約





Powered by まりもツール
まりもレンタル掲示版
(c)2007 mrm.ms